Wordpress運用のアレグレットワークス
現役フロントエンジニアによるWordpressカスタマイズ備忘録

指定するタクソノミーに所属するターム一覧を取得します。

表示例は下記です。

・ターム1(10件)
・ターム2(7件)

前提として

カスタム投稿タイプ、タクソノミー、タームを登録してあることが前提条件です。

リンク付き一覧

まずは件数なしのリンク付き一覧です。

<ul>
  <?php
    $terms = get_terms('taxonomy_slug'); // タクソノミースラッグを指定
    foreach ( $terms as $term ) {
      echo '<li><a href="'.get_term_link($term).'">'.$term->name.'</a></li>';
    }
  ?>
</ul>

実際の表示はこうなります。

<ul>
  <li><a href="ターム1の一覧へ">ターム1</a></li>
  <li><a href="ターム2の一覧へ">ターム2</a></li>
</ul>

リンク付き一覧、記事件数も追加

上のコードに、タームに所属する記事の件数を追加します。

<ul>
  <?php
    $terms = get_terms('taxonomy_slug'); // タクソノミースラッグを指定
    foreach ( $terms as $term ) {
      echo '<li><a href="'.get_term_link($term).'">'.$term->name.'('.$term->count.')</a></li>';
    }
  ?>
</ul>

実際の表示はこうなります。

<ul>
  <li><a href="ターム1の一覧へ">ターム1(10件)</a></li>
  <li><a href="ターム2の一覧へ">ターム2(7件)</a></li>
</ul>

関連記事

Wordpressに関するご相談は、
アレグレットワークスへ

お問合せ・お見積り